シャルトリューにおすすめ人気のキャットフード口コミ&餌の量や与え方

こちらの記事では、シャルトリューに人気のキャットフードと餌の量、与え方についてご紹介します。シャルトリューを飼っている方に実際にアンケートを取り、独自調査した結果、シャルトリューに人気のキャットフードはこちらでした。適切な餌の量と与え方も確認していきましょう。

シャルトリューに人気のキャットフード口コミ調査結果

シャルトリューを飼っている方に「実際に今食べているキャットフード」をアンケートを募集したところ、このような結果になりました。

※こちらは集計中です。まとまり次第、アップいたします。

シャルトリュー猫の餌の量の目安

シャルトリューという名前は、お酒が起源とか修道院の名前だとか、諸説ありますがフランス原産という事以外は、この猫の歴史はハッキリしていません。性格は忍耐強く穏やかで、甘えっ子です。温厚で優しいので多頭飼いでも、仲良くケンカなどせずにやっていけます。

歴史の中で、戦争が起きるたびに絶滅の危機を迎えてきたほど、人間の生活と密接にかかわってきた猫種なので、飼い猫として都合がいいように作らており、あまり鳴かない上に声も小さいので、初心者にはとても飼いやすい猫種となっています。

それでは、シャルトリューの成長ステージに沿った餌の量と与え方があるので紹介します。

シャルトリュー子猫のおすすめ人気のキャットフード口コミと餌の量と与え方

シャルトリューの子猫の期間は産まれてから1年です。1年で成猫になります。猫は基本的に産まれたばかりの体重は100g前後、1か月で400g~500g、1年経つと3~5キロが体重の目安となります。

シャルトリューの子猫に餌を与える際は、体重を目安に与えると良いでしょう。離乳食期は、産まれてから3週間が目安になり、一般に市販されている子猫用ミルクを与えましょう。そして3週間が過ぎた頃から、子猫用のウェットフードや子猫用のドライフードをミルクでふやかして粥状にして与えます。8週間目からは子猫も良く動くようになり、運動量も増えてくるので固いドライフードも与えて様子をみていきます。

遊び盛りの3~6か月の子猫には、食べたいだけ餌を与えてあげましょう。しかしそのままの基準で食べたいだけあげていると、成猫になった時に肥満になってしまうので、成猫に近づくにつれ、成猫の既定量をあげるように、餌の与える量を調整していきましょう。

シャルトリュー猫は遺伝的な病気として、腎臓疾患にかかりやすくなっており、子猫のうちに栄養分が足りないと病気になりやすくなります。腎臓疾患にならない為には、水分が多く含まれるウェットフードとドライフードを併用して与えることをお勧めします。

餌に関して何を選べばよいかわからなければ、こちらをお試しください。通常ウエットフードではタンパク質などの栄養価が、足りない事が多いのですがカナガンさんのウェットフードは、タンパク質が必要量きちんと入っています。もちろん水分も入っていますのでお勧めです。

ウェットフードだけはなくて、ドライフードも「食いつき良い」とお勧めです。

シャルトリュー成猫の餌の量と与え方

シャルトリューの成猫は平均約12~15年は生きると言われています。体重は平均でオスで約4~6.5キロ、メスで約2~4キロまで成長します。シャルトリューは成長すると、遊び好きですが基本的に穏やかで、人に甘えてソッと側に居るのが好きなため運動量が減ります。

子猫時代のままに餌を与えると、ドンドン肥満化していくので、平均の体重を越えてしまう危険性があります。成猫になったら、必ず与える餌の量と、実際の猫の体重を照らし合わせて、適正な量を毎日あげるように飼い主が気をつけなければいけません。

シャルトリュー猫は遺伝的に腎臓疾患が多いので、腎臓疾患予防のためには、水分が多めの餌を選んで与えると良いでしょう。先に紹介したカナガンさんの他にも、ロイヤルカナンさんのウェットキャットフードもおすすめです。

シャルトリュー老猫の餌の量と与え方

人間なら65歳以上が老年と呼ばれるので、猫だと13歳以上から老猫となるのではないかと思いきや、実際は15歳以上が老猫と呼ばれる年齢です。この年齢まで、1歳の時と同じ体重を維持して、食欲もいつも同じであればいいのですが、やはり年をとると色々な問題が生じてきます。

まずは餌を老猫向けの物に替えてあげましょう。最近では老猫用の餌も多く販売されています。

もうどんな病気が出て来てもおかしくない年齢に来ているので、餌を食べる量をきちんと確認しておきましょう。

老猫になるとわずか100gの体重の変動が、命に関わる事もあるので、食が細くなってきたら量を増やしたり、肥満傾向にあったら量を減らしたりと、日々のチェックがとても重要となります。

そして、目や耳も不自由になってくるので、餌を入れるお皿なども餌と同じような色合いのものを避けて、餌の場所がハッキリとわかる色あいの物に替えてあげ、気づかない時は鼻の側にお皿を近づけて、気づいて食べるまで見守ってあげることも必要です。

シャルトリュー猫、気を付けたい病気は?

シャルトリューは短毛種ですが、被毛がとても厚く風通しが悪いために、長毛種並みにブラッシングが必要です。また風邪通しの悪い被毛内に、皮脂もたまりやすく体臭が強くなりやすいので、シャンプーもこまめに行うように気を付けましょう。

どの猫種も一般的に、年をとると腎臓疾患になりやすくなってしまいますが、シャルトリューに関しては、特に腎疾患になりやすいと言われています。部屋のあちらこちらに水を飲める所を作ってあげて、常に水分が接種出来るような環境を作って予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。