スコティッシュフォールドに人気のキャットフード&餌の量や与え方

こちらの記事では、スコティッシュフォールドに人気のキャットフードと餌の量、与え方についてご紹介します。スコティッシュフォールドを飼っている方に実際にアンケートを取り、独自調査した結果、スコティッシュフォールドに人気のキャットフードはこちらでした。適切な餌の量と与え方も確認していきましょう。

スコティッシュフォールドに人気のキャットフード口コミ調査結果

スコティッシュフォールドを飼っている方に「実際に今食べているキャットフード」をアンケートを募集したところ、このような結果になりました。

※こちらは集計中です。まとまり次第、アップいたします。

スコティッシュフォールド猫の餌の量の目安

スコティッシュフォールドの誕生には現在繁殖をするべきか否かの議論がなされています。耳が垂れているのは、関節異常の病気遺伝子があるからで、ペルシャやシャムのように最初から健康体で交配された猫ではないという理由から、海外では議論がなされています。実際、遺伝性骨軟骨異形成症になっている猫が多く、スコティッシュ独特の可愛らしい手足を前に投げ出して座る「ブッダ座り」も、実は手足が痛く通常の猫の様に箱座りができないのではと言われています。

しかしながら、その見た目が愛らしい上に、性格は穏やかで人が大好きなので、人気が出るのもうなづけます。どんな動物とも上手に付き合う事ができ、おっとりしていて泣き声も小さいので、とても飼いやすい猫で長毛種と短毛種がいます。それでは、スコティッシュフォールドの成長ステージに沿った餌の量と与え方があるので紹介します。

スコティッシュフォールド子猫の餌の量と与え方と人気のキャットフード

スコティッシュフォールドの子猫の期間は産まれてから1年です。1年で成猫になります。猫は基本的に産まれたばかりの体重は100g前後、1か月で400g~500g、1年経つと3~5キロが体重の目安となります。

スコティッシュフォールドの子猫に餌を与える際は、体重を目安に与えると良いでしょう。離乳食期は、産まれてから3週間が目安になり、一般に市販されている子猫用ミルクを与えましょう。そして3週間が過ぎた頃から、子猫用のウェットフードや子猫用のドライフードをミルクでふやかして粥状にして与えます。8週間目からは子猫も良く動くようになり、運動量も増えてくるので固いドライフードも与えて様子をみていきます。

遊び盛りの3~6か月の子猫には、食べたいだけ餌を与えてあげましょう。しかしそのままの基準で食べたいだけあげていると、成猫になった時に肥満になってしまうので、成猫に近づくにつれ、成猫の既定量をあげるように、餌の与える量を調整していきましょう。

スコティッシュフォールドは遺伝的な病気が多く、完全に予防する事が困難です。生後数か月~1年の間に、遺伝的病気が発症するのでこまめに病院で検査を受け、早めに発見する事で病を軽くすることができます。

スコティッシュフォールドは耳が垂れているために、外耳炎や中耳炎にもなりやすくそれらの病気は、食物アレルギーからも発症しやすくなります。そこでおすすめなのが、カナガンさんやシンプリーさんのアレルゲン(穀物類)を排除したキャットフードです。被毛も美しくなると、得なことばかりでお勧めです。

スコティッシュフォールド成猫の餌の量と与え方

スコティッシュフォールドの成猫は平均約10~13年は生きると言われています。体重は平均でオスで約4~6キロ、メスで約2.7~4キロまで成長します。スコティッシュフォールドはオットリ穏やかな性格のために、成長しても子猫の時も、運動量が極端に変わることはありません。

しかし、それでも子猫時代のままに餌を与えると、平均の体重を越えてしまう危険性があります。成猫になったら、必ず与える餌の量と、実際の猫の体重を照らし合わせて、適正な量を毎日あげるように飼い主が気をつけなければいけません。

スコティッシュフォールドは遺伝的に遺伝性骨軟骨異形成症を発症する率が高く、骨瘤(こつりゅう)という形で、手足の関節がボコボコと太くなってしまいます。予防は出来ませんが、早めに見つけて対処する事が可能なので、普段からよく観察して様子を見ていてあげましょう。

スコティッシュフォールド老猫の餌の量と与え方

人間なら65歳以上が老年と呼ばれるので、猫だと13歳以上から老猫となるのではないかと思いきや、実際は15歳以上が老猫と呼ばれる年齢です。この年齢まで、1歳の時と同じ体重を維持して、食欲もいつも同じであればいいのですが、やはり年をとると色々な問題が生じてきます。

まずは餌を老猫向けの物に替えてあげましょう。最近では老猫用の餌も多く販売されています。

もうどんな病気が出て来てもおかしくない年齢に来ているので、餌を食べる量をきちんと確認しておきましょう。スコティッシュフォールドは得に先天性の病気が多いので、十分注意しましょう。

老猫になるとわずか100gの体重の変動が、命に関わる事もあるので、食が細くなってきたら量を増やしたり、肥満傾向にあったら量を減らしたりと、日々のチェックがとても重要となります。

そして、目や耳も不自由になってくるので、餌を入れるお皿なども餌と同じような色合いのものを避けて、餌の場所がハッキリとわかる色あいの物に替えてあげ、気づかない時は鼻の側にお皿を近づけて、気づいて食べるまで見守ってあげることも必要です。

スコティッシュフォールド猫、気を付けたい病気は?

スコティッシュフォールドは遺伝的な病気になりやすい猫種です。骨の病気だけでなく、他にも心疾患や内臓疾患にもなりやすいです。そして被毛も、短毛種でも長毛種でも厚めなので、こまめなブラッシングが病気を防ぐために必要です。

普段からブラッシングをこまめに行い、耳も垂れているので清潔に保つようにして、毎日の中で何かおかしな様子ははないか、気にしてあげる事が、愛らしい姿を維持し寿命を延ばしてあげることに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。