バーマンにおすすめ人気のキャットフード口コミ&餌の量や与え方 – コピー

こちらの記事では、バーマンに人気のキャットフードと餌の量、与え方についてご紹介します。バーマンを飼っている方に実際にアンケートを取り、独自調査した結果、バーマンに人気のキャットフードはこちらでした。適切な餌の量と与え方も確認していきましょう。

バーマンに人気のキャットフード口コミ調査結果

バーマンを飼っている方に「実際に今食べているキャットフード」をアンケートを募集したところ、このような結果になりました。

※こちらは集計中です。まとまり次第、アップいたします。

バーマン猫の餌の量の目安

バーマンはミャンマー周辺原産で寺院から持ち出された猫が起源だと考えられていますが、ハッキリした事はわかっていません。性格はさすがに寺院育ちのためか、穏やかで優しい性格の子が多く、あまり活発では無くてノンビリ家の中をお散歩したり、寝ていたりするのが好きなようです。

もっとも特徴的なのが、ブルーの瞳と被毛の美しさです。被毛はシルクのように手触りが良く艶やかで、ゴージャスですがペルシャ猫よりも被毛が短く毛玉になりにくい被毛をしています。そんな被毛を維持するには一体どんなものを食べさせればよいのでしょうか。

それでは、バーマンの成長ステージに沿った餌の量と与え方があるので紹介します。

バーマン子猫の餌の量と与え方とおすすめ人気のキャットフード&口コミ

バーマンの子猫の期間は産まれてから1年です。1年で成猫になります。猫は基本的に産まれたばかりの体重は100g前後、1か月で400g~500g、1年経つと3~5キロが体重の目安となります。

バーマンの子猫に餌を与える際は、体重を目安に与えると良いでしょう。離乳食期は、産まれてから3週間が目安になり、一般に市販されている子猫用ミルクを与えましょう。そして3週間が過ぎた頃から、子猫用のウェットフードや子猫用のドライフードをミルクでふやかして粥状にして与えます。8週間目からは子猫も良く動くようになり、運動量も増えてくるので固いドライフードも与えて様子をみていきます。

遊び盛りの3~6か月の子猫には、食べたいだけ餌を与えてあげましょう。しかしそのままの基準で食べたいだけあげていると、成猫になった時に肥満になってしまうので、成猫に近づくにつれ、成猫の既定量をあげるように、餌の与える量を調整していきましょう。

バーマンは遺伝的な病気として、関節などの疾患や眼病にかかりやすくなっており、子猫のうちに栄養分が足りないと病気になりやすくなります。関節などの疾患や眼病にならない為には、タウリンなどが多く含まれる餌を与えることをお勧めします。

餌に関して何を選べばよいかわからなければ、こちらをお試しください。ペルシャやチンチラ、ヒマラヤンなどの長毛種向けに人気のペットフードがロイヤルカナンさんから発売されています。成猫用と子猫用もあり、400g~2kgまで選べます。「毛玉吐きもなくなり、被毛がフワフワになってきました。」というような口コミもあるので、一度お試しください。

また被毛などの美しさにこだわらず、体調管理を重視する方には、カナガンさんのキャットフードが全体のバランスがよくお勧めです。猫の体に良いイモ類を沢山使っていて、猫の肥満に繋がる穀類を失くしています。

バーマン成猫の餌の量と与え方

バーマンの成猫は平均約13~15年は生きると言われています。体重は平均でオスで約3~6キロ、メスで約3~5キロまで成長します。バーマンは成長すると、もともとノンビリ屋な性格の為に運動量が激減する上に、太りやすい体質です。

子猫時代のままに餌を与えると、ドンドン肥満化していくので、平均の体重を越えてしまう危険性があります。成猫になったら、必ず与える餌の量と、実際の猫の体重を照らし合わせて、適正な量を毎日あげるように飼い主が気をつけなければいけません。

バーマン猫は遺伝的に関節などの疾患や眼病が多いので、関節などの疾患や眼病予防のためには、タウンリンが多めの餌を選んで与えると良いでしょう。先に紹介したロイヤルカナンさんとカナガンさんのキャットフードにもきちんとタウリンが入っています。

バーマン老猫の餌の量と与え方

人間なら65歳以上が老年と呼ばれるので、猫だと13歳以上から老猫となるのではないかと思いきや、実際は15歳以上が老猫と呼ばれる年齢です。この年齢まで、1歳の時と同じ体重を維持して、食欲もいつも同じであればいいのですが、やはり年をとると色々な問題が生じてきます。

まずは餌を老猫向けの物に替えてあげましょう。最近では老猫用の餌も多く販売されています。

もうどんな病気が出て来てもおかしくない年齢に来ているので、餌を食べる量をきちんと確認しておきましょう。

老猫になるとわずか100gの体重の変動が、命に関わる事もあるので、食が細くなってきたら量を増やしたり、肥満傾向にあったら量を減らしたりと、日々のチェックがとても重要となります。

そして、目や耳も不自由になってくるので、餌を入れるお皿なども餌と同じような色合いのものを避けて、餌の場所がハッキリとわかる色あいの物に替えてあげ、気づかない時は鼻の側にお皿を近づけて、気づいて食べるまで見守ってあげることも必要です。

バーマン猫、気を付けたい病気は?

バーマンは長毛種ですが、ペルシャの血が入っているにも関わらず、バーマン本来の血が色濃く残っており、被毛がペルシャに比べて短く、絡まりにくくなっています。毛球症などの心配は少ないのですが、やはり抜け毛があるので毎日のブラッシングはかかせません。

猫は家に付くといいますが、このバーマンは人に付く猫です。気に入った人にはどこでもくっついて歩く習性があるので、こまめにかまってあげて、黙って一緒に居る時間をたくさん作ってあげることが、ストレス解消につながり病気の予防にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。